脚本家の倉本聰が黒板五郎で描きたかったことでは、みどりは立派な大人かと言えば生活はルーズで、そのあとギャンブルでつくった借金を五郎に背負わせてしまうほどの人物である